功績上の先方で誰が大好きかと言われれば、自分は徳川家康です。なぜならば恋人は学習して成長して天下を取った先方であるからです。賢者は功績に学ぶと言うが、秀吉や信長の禁忌だった箇所を反省して直し、次のチャンスが来るまでじっと待ち受け続けた思考は素晴らしいとおもう。信長や秀吉は鬼才だったが、恋人はそうではなかったと想う。でも相当優秀であったことには変わりないが、カリスマ性みたいなのは信長とかに見比べたら無いのではないか。現に人気ではまったくブームが乏しい。割と信長とかいなせ政宗とかは美化されているけど、家康はデブの祖父ですもんな。判官びいきもはなはだしいね。でもかれが逆境をばねにしてそこから成長して抜け出る特徴はトップドラマになると思うけど、大河ではいつも信長の目線から描かれておるもんな。てかそんなレボリューション児になにを気持ち移入済ませろと。ていうかこの方は自分が生まれてトップ恥ずかしかったときの図式を描かせて後世に触るという、誰でも出来そうでできないことをやってのけた方でもあるしな、俺だったら全力で包み隠すけどね。さすが天下方はちがう。http://paris-plan-net.com/